ペットのコンビニ ぷちぷち店長ブログ !!いきもの 音楽 食べ物 人間大好き!     今日もぼちぼちいこかぁ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本聴導犬協会オープンデイ その2
1970年01月01日 (木) | 編集 |


こちらは、りん君

ベルの音がしたら

ユーザーさんに
お手で、
タッチして教えます。


人のために頑張るワンコは
生き生きしています。


このベルの
訓練が進むと
銀行や
病院などの
順番待ちのとき
受付の方に
渡しておけば
ベルを鳴らして
知らせてくれて
それを、聴導犬が
ユーザーにタッチして
知らせることが出来ます。
ベルには、

「聴覚障害があるので順番がくればベルを鳴らしてください」

と 言うようなことが書いてあります。

聴覚の障害の方は
外見では、わからないので
ベストを着た聴導犬を連れている事で
周囲の方に
認知していただけます。
更に、障害を認知していただければ
外出先での、災害などの時に
手を貸していただけたり
避難の時の誘導の仕方も
変わってきます。
報知器は音で知らせます。
回転灯が回っても
そこを見なければ気が付きません。

更に聴導犬は、
危険なことが起きた時には
誘導せずに
伏せをして知らせます。



うまく取れませんでしたが
別の部屋や、
2階にいる家族を
探して連れてきてくれます。



次は、テレビなどでも
よく、見かける
目覚ましが鳴ると
タッチして
さらに
被いかぶさって
起こしてくれます。
これが、あることで
ユーザーさんは安心して
深い眠りにつくことが出来ます。

コレは、スタッフさんではなく
参加者さんに
体験してもらったところです。


このこが、
私がはじめて見た
聴導犬の
あいちゃんです。

Aコープ(農協のスーパーです。村だから農協です)
あいちゃんは
犬のコレクターに
収集されて
散歩も訓練も受けずに
檻に入れられていました。
コレクターは、
希少価値の高いめずらしい
犬を買い集めては
飽きれば処分・・・・
を繰り返します。

あいちゃんは、歩き方も知らなかったそうです。
狭い檻の中をただクルクル回るだけの毎日を
送っていたからです。

なので、時々落ち着かないと
クルクル回っていました。



こちらは
甲斐犬ミックス
こうちゃんです。
愛知県の愛護センターから
譲渡されました。


目覚ましのデモを
スタッフさんと
おこなっています。
日本犬の
訓練は、
なかなか難しく
向いていないのでは・・・
と言われていたそうですが
ミックスされた犬種の性格や資質によれば
可能性があるそうです。

続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。