ペットのコンビニ ぷちぷち店長ブログ !!いきもの 音楽 食べ物 人間大好き!     今日もぼちぼちいこかぁ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊んだあとは・・・
2014年12月22日 (月) | 編集 |
[広告] VPS


あんなに激しく遊んだあとは、
すっかりお疲れです。
脚が良くなって久々の大暴れですごこんなことに・・・

ほんとに幸せな子だと思います。
[広告] VPS


数々の困難に
こんなにもポジティブに挑み続けるタルトに
毎日、泣かされたり笑わされたりの連続の家族です。

「♪コワイモノナンテナイ ボクラハ モウ ヒトリジャナ~イ♪」
(ちなみに流れている曲は動画にかぶせたとかでなくタマタマテレビで
驚くほどタイミングよく流れてきたものです )
スポンサーサイト
椎間板ヘルニアタルトその後3
2014年12月22日 (月) | 編集 |
[広告] VPS

「♪ヲーオ~オ~!!
(オオカミサンノ雄叫び!!)
この日この時のタルトは神がかり的で
テレビの曲に合わせて動いているとしか思えない動きで
見ていた私と娘を驚かせました。(この後の曲のときでも続きます)
こんなにタイミングよく雄叫びに合わせたり
ヘドバンが出来るとは
発症後考えも出来ませんでしたが
そして、こんな笑顔も見れるとはおもっていませんでしたが・・・・
先生方、家族、皆様のお気持ちが通じたのか
このように回復してきました。
本当にありがとうございます。

まだ、外での散歩も出来ませんが
自宅内では、暴れないように
特に、ピョンピョン活動はできないように
ハーネスと、リードで行動制限しています。
ただ、目を離すとテレビ前でピョンピョン仕掛けてしまいますが
気持ちをそらすように
名前を読んだり
おもちゃで誘導したりしています。

リハビリやマッサージは自宅で、
週に2,3回は電気をかけに行きます。
この電気の機械は、スポーツや競馬の馬も使っているそうです。
薬で、ドーピング検査にかかることのない治療法だということです。
こんな、小さいタルトがお世話になるとは・・・
ありがたいことです。
椎間板ヘルニアタルトその後2
2014年12月22日 (月) | 編集 |
[広告] VPS


湯たんぽのカバー
ダックスさんと戦いました。
先祖の
オオカミさんの血が騒いだのか・・・・この暴れようです。
先生が観たら
「アナタ、こんなことするにはまだ早いわよ
とH先生に叱られそうです
後ろ足は、まだオボツカナイこともありますが
かなり踏ん張れるので、頭を振り乱しても大丈夫です。
高速のヘドバン
といえるでしょう。
椎間板ヘルニアタルトその後
2014年12月22日 (月) | 編集 |
[広告] VPS


以前は毎朝していたこんなことも出来るようになりましたよ
(声だけの出演はポッキーです)
タルト 椎間板ヘルニア(3)
2014年12月06日 (土) | 編集 |
タルトですが・・・・
今週水曜日から、Bクリニックの先生にご紹介していただき、
電気を流す治療をしていただくために、H病院に通い始めました
昨日は、治療3回目でした。
帰ってきてすぐのことです
[広告] VPS

タルト自身、体が軽いのか
物凄く早い身のこなしで、
テレビ前でダッシュ!!
後脚も少しつかって走っています。

足首は未だナックルしています。

いつもこのように行けるわけでは、まだありません。
ただ、少しタルトにとっても軽く思えているのか
表情が柔らかくなりました。

前回の、妄想会話のあと、
ほんとはなんと言っているのか気になって
アニマルコミュニケーターさん
「みかりんさん」
に、メールでのセッションを
お願いしてみましたところ

妄想会話は、あたらずとも遠からずでした。

ただ、一番重要な
治療方針で迷っていたので
そのことも、タルトに聞いてもらったら
「タルトのことを考えて決めてくれたならそれに従います。」
というおへんじでした。
≪タルトちゃんは、安静が良く分かっていないので
繰り返し教えてあげてほしい≫
といわれました。
伝えた日には、すごく神妙な顔で聞いて
とてもおとなしくしていましたが・・・・
次の日には忘れて少し調子がいいと
尻尾をブンブン振ってはしゃいでしまうので
毎日毎日言い聞かせています

とにかく、
今回とても沢山の方にお世話になっております。
A先生は、
私が、先生のところではやっていない、鍼や電気の治療をしたいとお伝えしたのに、
もし、手術を必要とするときには
X病院の先生がA先生の病院に手術のときは来て下さる交渉もして下さっていました。
沢山の方にご心配いただきタルトも私たちも本当に心強いです。
ありがとうございます。
そして、まだまだこれからですのでよろしくお願いします。

タルトは、
「また前みたいにピョンピョンしたいの」
「いつもみたいにだっこをしてほしいな!」
と言っているそうです。
触ってどこかが痛くてはいけないと思い
ケージに入れていましたがそれが落ち着いて
いられるのなら、上手に抱っこしてみます。
「ん”ん”っ!!」
とか、言うときはどうも痛いみたいで首をそらせたりします。

早く元気なタルトに戻ってほしいとみんなが応援してくださいます。

ありがとうございます。

がんばろうね!!



タルト 椎間板ヘルニア (2)
2014年12月01日 (月) | 編集 |
A動物病院で、
「グレード3 なら、内科的治療でも手術でもこのままひどくならなければ
歩けるようになると思います。」
と言われました。
リスク面も、お金の面もちゃんと伺いました。
見立てがとても良くて、しっかり説明してくださる信頼できる先生です。

Bクリニックはホリステック専門の、自然治癒力を引き出す治療が専門で
ホメオパシーや鍼治療などを用います。

2014120111540000.jpg

「ママ なあに?どうしたの?」

あのね、タルトの後ろのあんよが動いてないんだけど・・・・
もしかして気が付いてないのかなあ?

「なんか動きにくいな~とはおもってたんだけどな~
 遅いし、ピョンピョンできないしなんか変だな~ってくらいかな・・・」

そんな感じなんだ~ 痛くないの?

「うんあんまり~」

と、言っているのかいないのか・・・・


というぐらいに、目を離したすきに、動かない足をひきずって前足でサクサク移動したりしてしまうので
ある意味、悲壮感とか、ない感じで・・・
健気すぎて かわいすぎる~
トイレも、行きたいらしくケージを開くといつもの方向にむかって行くので
抱っこで運ぶと
大、でも小でもちゃんとして
褒めると、尻尾も
フリフリしちゃいます

ただ・・・
「安静に!!」

とどちらの先生にも言われているので
タルトには、いちばんきつい
ケージレストで~す

本日は、Bクリニックで光線と、鍼の治療をしていただきました。
2014120110020000.jpg

じっとするのが苦手なタルトを、押さえていたので
鍼の画像はありません。
先生が肉球をチネッタラ、嫌そうな顔をしたので
感覚は、ないわけではない。
「このこもう少し太らせたほうがいいよ」(B先生)
ガリ子のタルトは、モカたちより既に2~3割増で食べているのですが
もう少しってことですね。
現在、3・45kg


一年で3回の麻酔をかけた手術というのが
フィラリア治療で、ダメージを受けてる肝臓に負担にならないかが
心配に・・・考えれば考えるほど心配になりました。
すでに、フィラリアで心臓もダメージありだし・・・
「脚がつかえないストレスやダメージも、タルトちゃんには精神的な苦痛ですね。」(A先生)
ごもっとも、じっとするの苦手だもんね。

悩む私は、タルトと妄想の会話を繰り広げて更に迷う・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。