ペットのコンビニ ぷちぷち店長ブログ !!いきもの 音楽 食べ物 人間大好き!     今日もぼちぼちいこかぁ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなでおさんぽ
2014年04月26日 (土) | 編集 |
2014042312230000.jpg
タルトのお散歩が解禁になったので

先週から少しずつ散歩しています。
今日は
少し足を延ばして2人と3匹で公園に行きました。
幸いだーれも遊んでいない平日の公園でしたので
タルトをロングリードにつないで呼び戻しの練習をしました
「タルト~
トコトコがに股で
喜んでよそ見しながらも戻るタルトです
家に来たころは隙あらば逃走!!
みたいな感じだったのに
新しい名前もちゃんと覚えてえらいね~
ほんと嬉しいよ


2014042312240000.jpg
楽しそうです。
2014042312220000.jpg
やる気満々
2014042312240001.jpg
ちと疲れたな

2014042312210000.jpg
モカとボール遊びも上手にします。
たまにもめるけど・・・・
2014042312150000.jpg
ボールに夢中です
2014042312160000.jpg

2014042312150001.jpg

ちゃんとテイクしてきます。
ただなかなか私に渡してくれません・・・
練習が必要です。

それを見つめるモカの背中です。

少し遠いのでタルトは帰りは
抱っこで帰りました。

私は地下のお店で働いているので
久々の陽射しできもちよかった~
たまには日に当らないとね
スポンサーサイト
2014年04月15日 (火) | 編集 |
お父ちゃんとポキモカのお散歩風景出てきました
こちらに遊びに来た時のもの・・・
作務衣が好きで
前をポキを連れていくのがお父ちゃん。
モカと赤いベストはお母ちゃん。
NEC_0921.jpg

懐かしいですね~。
NEC_0920.jpg
今頃ですが・・・・さくら
2014年04月13日 (日) | 編集 |
2014041312590000.jpg
短足ワンコ3頭とさくらを一緒に撮るのはなかなか難しい・・・
ご近所さんの八重桜の庭木が小さくて満開でしたのでパチリ
車は来るし自転車は来るし三輪車もくるので
正面向きは断念・・・・
タルトは
2014041312570001.jpg
抱っこの袋に入れて現地まで・・・
見てくださいお目目
チェリーアイがすっかり綺麗になりました。
向かって右の眼がわるかったのです。
2014040507290000.jpg
先日まではこれでしたので
可哀そうでしたが
避妊手術の抜糸も済んでご機嫌です
2014041222270001.jpg
帰ればバタンキュー茶色チーム
タルト(手前)とモカ(奥)一緒のベッドでお休みです。
タルトは自分だけよりも
誰かと一緒が好きなようです。

タルトの問題は
人間に外で会っても平気だけれど
猫、犬が見えると
叫びまくるので見えないようにするのが大変です。
握っていたおやつで気分をそらせる時もありますが
あちらから吠えられると
大変です

叫び声も尋常ではないです。
金切声みたいなので皆さんが驚きます
心臓に負担がかかるので
天罰方式や陰性訓練は使えないと思われます。
多分見つけた犬に近寄って遊びたいのだとは思うのですが
見つけたあちらの犬の性格もありますし
これから、ポキモカの良く知っている
わんこに頼んで少しずつ馴らしていくのが良いのかなと
考えています。

3頭の犬生を引き受けたからには
楽しく行きたいものです
こんなに色んなことが・・・・
2014年04月11日 (金) | 編集 |
3月28日母との50回目の結婚記念日に
私の父が永眠しました。

タルトの手術を予定していたので
29日にタルトを入院させて
あわてて帰郷。
30日にタルトの手術。
歯槽膿漏
チェリーアイ
避妊手術
無事に終了したと電話で連絡を受けました。
通夜がお寺の都合により4月1日
葬儀が2日と決まり。
いつもならポキモカも田舎に帰るのですが・・・
自宅で通夜のため(田舎は驚くほど人が沢山おいでになるので)
タルトの手術をして頂いた病院のホテルにに31日夜1日2日3日の朝まで泊めて頂きました。
1泊2千円は格安で本当に助かりました。
お父ちゃんの事は二匹とも大好きで
お散歩もしてもらっったり
おやつも特にミカンは沢山一緒に食べたり
思い出が沢山です。
「こいつ犬のくせにミカンがスキか 食え食え」
お父ちゃんは昔農閑期に静岡へミカン農家に出稼ぎに
いっていたのでミカンの話は
ポキモカも何度も聞かされた・・・・

こんなことを絡めて考えてはいけないけれど
タルトを引き取ってフィラリアとわかった頃
お父ちゃんは弱った心臓にペースメーカーを入れて
自宅療養をはじめて
そのころタルトは治療のためケージレストがはじまって
お父ちゃんが腰痛で寝たきりになったころ
タルトの歯槽膿漏が悪くなって
お父ちゃんが救急車で運ばれた日にタルトのフィラリアの仔虫がいなくなったと
検査が出て手術が決まった。

たまたまだけどよく重なったもので・・・
なかなか慌ただしい
私らしいバタバタで
お父ちゃんのお世話は何一つできなくて
お母ちゃんや弟の家族が本当によくしてくれて感謝しきれない。
私はその分タルトの世話に仕事に追われていたというか・・・
自分の事でいっぱいいっぱいだった。

30年お父ちゃん続けた詩吟の会の皆さんが
お別れの詩吟を歌って下さったり
にぎやかで人を喜ばすことが大好きなお父ちゃんらしい
お葬儀で、泣いたり笑ったり。

「ありがとう」
とお母ちゃんに一度も言ったことのなかったお父ちゃんは
「ありがとううなんて死ぬ時にいくらでも言ってやる。」
と言っていたのに一回も言わずに行っちゃって
お母ちゃんは
「まだ、あるがとうって言ってもらっとらんのに
 まだ死んじゃあいかんじゃん。うそばっかついて!!」
と泣いており

喪主挨拶の時に
弟が
「・・・・・父が母に言えなかった「ありがとう」を 私たちからいわせていただきます。
 「ありがとう。」」
って練習の時から泣いてて本番も号泣の挨拶になって参った。

なんか、まとまらないけど今日はこれでおしまい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。